MENU

VIO脱毛を脱毛サロンで行う時にどんな施術法が主流なのか?

VIO 全身脱毛 横浜

「ムダ毛がもう生えなくなる」という脱毛方法は「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類です。ほかにはありません。

 

これはVIO脱毛でもほかの部位の脱毛でも同じです。

 

それぞれに特徴があります。「最もVIOに適した脱毛方法はこれだ」と言い切ることは難しいです。それぞれの違いを理解して、自分なりの納得して選ぶようにしましょう。

 

・最も一般的なのは光脱毛

 

脱毛ができる場所は、エステサロン・脱毛エステと医療機関(美容皮膚科、美容外科、美容クリニック)があります。

 

料金が安いこともあって、エステで脱毛する人のほうが圧倒的に多いです。そのエステのほとんどが採用しているのが、光脱毛です。

 

「最も一般的な脱毛方法は光脱毛」ということです。

 

皮膚の外から強力な光線を当て、そのエネルギーで毛根や毛母細胞を焼いていきます。皮膚の色は浅めで、毛根などは濃いです。そのため光の波長を選べば、皮膚の表面をすり抜け、毛根などに受け止めさせることができるのです。

 

メリットは皮膚への負担が少ないことです。

 

半面、脱毛効果が弱いデメリットがあります。全部の施術が終わり、いったんはムダ毛が生えなくなっても、数年後には再生する可能性があります。

 

・光脱毛の別名

 

光脱毛にはたくさんの別名があります。フラッシュ脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛などです。

 

ですが、後でご説明するニードル脱毛でないのならば、エステで行われている脱毛はすべて光脱毛です。せいぜいがその改良版です。

 

ただし、この光脱毛に使う機器にもいくつかの種類があります。

 

例えば、光源に使うのは、カメラのフラッシュと同じキセノンランプ(クセノンランプ)と、白熱電球の一種・クリプトンランプがあります。

 

また、光照射の時に、皮膚の保護用のクリームを塗るエステと、何も使わないところがあります。

 

クリームを塗ると、その分光照射の威力は弱まります。何も使わないところは、「皮膚の負担が少ない機種なので、クリームは不要」としています。

 

光源の種類にしても、クリームの有無にしても、どちらが優れているとは言い切れません。

 

また、個人の体質・毛質とその機種などとの相性もあります。ほかの人で脱毛効果が高く、痛みも少なかったからといって、自分も同じとは限りません。

 

こういったように、実際に光照射を受けてみないとわからないことも多いです。ですから、お試しコース(トライアルコース)は積極的に利用するようにしましょう。

 

・レーザー脱毛は医療機関でしかやっていない

 

光脱毛の次に一般的なのがレーザー脱毛です。

 

光のエネルギーで毛根などを焼くことでは、光脱毛と同じです。

 

ただし、光源に使われるのは、医療用に開発されたいレーザー機器です。これは今でも、医療機関でしか使用が許可されていません。なので、エステでやっているところはありません。

 

パワーが強いだけではなく、最初から必要な波長の光だけを作ることができます。その上、狙ったところに正確に当てることができます。このどちらもが、キセノンランプなどでは無理です。

 

そのため、光脱毛に比べて強力な脱毛効果を発揮します。いったん施術が完了すれば、もう二度とムダ毛が再生しない永久脱毛が可能です。これが最大のメリットです。

 

光脱毛と比較した時のデメリットとしては、「お肌への負担がやや強い(光照射の時にやや痛みがある)」「料金が高め」などがあります。

 

・第3の脱毛方法、ニードル脱毛

 

光脱毛、レーザー脱毛よりも先に開発されました。かつてはこれしかありませんでした。

 

先端が高温になる極細の金属棒を、手作業で毛穴一つ一つに当てていく方法です。

 

「料金が高くなる」「担当者には特別なスキルが必要」「痛みが強い」などのデメリットのせいで、光脱毛とレーザー脱毛に取って代わられました。

 

ですが、「脱毛効果が強力」「毛穴ひとつずつの対応なので、細かい作業ができる」などのメリットがあって、一部のエステと医療機関で根強く残っています。

 

特にVIO脱毛ということでいえば、ほかの脱毛方法でむら打ち(処理に失敗し、まだらにムダ毛が残ること)になった場合に、そのカバーに使うことも考えられます。

 

⇒VIO脱毛できる横浜の全身脱毛サロン