医療脱毛より脱毛サロンに通うメリットを知っておこう

医療脱毛は効果が半永久的と言われますが、サロン脱毛ではまた生えてくる可能性があります。
しかし、そうしたデメリットを考えても脱毛サロンに通うメリットは小さくありません。

 

・医療脱毛と脱毛サロンは何が違う?

 

医療脱毛とは医療行為を行える施術者による脱毛で、通常はレーザー脱毛やニードル脱毛を指します。
これらの脱毛方法の利点は何と言っても効果の持続期間が長いことで、再度ムダ毛が生えることはほとんどありません。
しかし、痛みが強い、費用が高いなどのデメリットがあるのも事実です。
脱毛サロンでは、医療行為に当たらない光脱毛が主な脱毛方法となります。
機械の種類で呼び名が違うこともありますが、脱毛の原理はほぼ同じと考えて良いでしょう。
医療脱毛に比べると安価で受けられる、サロンの数が多く選択肢が幅広いのが利点の一つです。

 

・脱毛サロンのメリットは金額だけ?

 

脱毛サロンが医療脱毛よりも優れている点としては、まず金額的な面が挙げられます。
しかし、脱毛サロンに通うメリットはそれだけではなく、他にも多くのメリットがあります。
医療脱毛を経験した人の中には、痛くて最後まで通えなかったという人もいますが光脱毛ではそれほど痛みが強くありません。
痛みに弱い人にとっては、それだけでも脱毛サロンに通うメリットになるでしょう。
また、レーザーよりも肌に優しい光脱毛の中には、美肌効果が期待できるものもあります。
特に肌の敏感なVIOラインの脱毛については、痛みが少なく、処理後の肌もキレイになる脱毛サロンがピッタリです。
金額以外にもこれだけのメリットがあるのなら、脱毛効果の持続期間が短くても脱毛サロンを選ぶ価値はありますよね。

 

・サロン脱毛でも効果は十分!

 

脱毛サロンは効果が出るまでに時間がかかると言われることもあります。
確かに医療脱毛に比べると同じ効果を得るまでに、数回多めに施術する必要があるでしょう。
ただ、完全に脱毛できるまでに時間がかかるのは医療脱毛でも同じことです。
数回の施術の差で、サロン脱毛が劣る方法だと考えるのは間違いかもしれません。
とにかく早くではなく、コスパも考えた脱毛方法を選びたいのなら、医療脱毛よりも脱毛サロンの方がおススメです。

 

脱毛サロンと医療脱毛、それぞれにメリットとデメリットがあるのは事実です。
値段が高いから医療脱毛の方が優秀というわけでないことは知っておく必要があるでしょう。
脱毛サロンに通うメリットの多さを知れば、脱毛方法の選択肢も増やせますね。