脱毛エステでよく聞く勧誘内容はどんな話があるの?

無理な勧誘をしないことが売りになるほど脱毛エステの勧誘には悪いイメージを持つ人が少なくありません。
来店後の勧誘は実際にあるのか、どんな風に勧誘されるのかわかっていれば上手く対処できそうですね。

 

・脱毛エステでの勧誘って実際にあるの?

 

脱毛エステに行きたくない理由として無理に勧誘されるのが嫌だからという人は多いようです。
実際に勧誘を受けた人が口コミしていることもあり、それが怖いのでカウンセリングすら申し込めないみたいですね。
しかし、同じように勧誘されたという口コミでも強引だったか、そうでなかったかという違いはあります。
脱毛エステの店舗による違い、担当者の違いでも勧誘の仕方に差があるのでしょう。
勧誘しないと明言しているエステに行っても、案内という形での勧誘があるのも事実のようです。
予防策としては、勧誘についての悪い口コミがないエステを選ぶのが大前提と言えそうです。

 

・脱毛エステではどんな風に勧誘される?

 

強引な押し売りといった形でなくても、自分が希望するコース以外の紹介をされるという勧誘方法もあります。
また、一つのコースを契約するとオプションのように次々とコースを契約させられることもあるようです。
キャンペーンでの施術中に、終了後の本コース申し込みを毎回勧められるパターンなども聞かれます。
脱毛エステで販売している化粧品などを勧められることもあるそうで、勧誘のしつこさに負けて購入してしまう人もいます。
逆に勧誘が嫌でコース途中でエステに通わなくなるという人もいるようです。
親切のつもりで商品やコースの案内をしてくれている場合もあるでしょうが、不要な場合はきっぱり断ることも大事ですね。

 

・勧誘された場合の上手な断り方

 

お金がありませんというだけでは、勧誘を上手に断ったとは言えません。
店舗によっては勧誘を断られた時のマニュアルもあると言われているので、断り切れないと思ったら退店してしまうのが一番です。
自分一人では決められないと返事を先延ばしにするのもあまりおススメはできません。
他の商品やコース購入の意思がないことをはっきり伝えることが、勧誘を止めてもらうために必要なことです。
とはいえ、最近では不快に感じるほどの勧誘を行う脱毛エステは少ないので、心配しすぎなくても良いでしょう。

 

勧誘されるのが怖いという声はよく聞かれますが、実態はそこまでひどいものではなさそうです。
きっぱり断る自信がなければ、契約に必要な印鑑やカード類を持参しないという対策を取っておきましょう。