生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?

生理中や妊娠中、産後に全身脱毛を受けることが可能であるか知りたい人は多いでしょう。
女性には生理がありますし、全身脱毛期間に妊娠することもあります。
そのような時にはどうしたら良いのかまとめてみました。

 

・基本的に生理中は全身脱毛が出来ません

 

生理の場合、デリケートゾーンは全身脱毛が出来ないことになっています。
では他の部分は良いのかと言う話になってしまいますが、生理中はホルモンバランスが変化するので脱毛の効果が非常に出にくくなるのですね。デリケートゾーンにおいては、出血する可能性があるので、タオルや施術台を血液で汚されたくないと言う理由もあります。
血液に触れるような仕事をする場合、それなりの資格が必要になるからです。病気の媒介を防ぐ為にも、生理中の全身脱毛が出来ないようになっています。

 

・妊娠中も全身脱毛が出来ません

 

妊娠中に脱毛サロンを訪れると、出来ないと断られることになります。
それは妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすくなっていますから、脱毛の効果が生理中同様に出ないからです。妊娠中の体はとてもデリケートですから、サロン側もそこまで労わることが出来ません。トラブル回避の為にも妊娠中の全身脱毛はNGなのです。
サロンに通っている途中に妊娠した場合には、サロンの契約内容によっても違いがあります。一旦休止とするサロンもありますし、そこで一旦終わりになることもあります。

 

・産後の全身脱毛の場合

 

産後の場合には、生理が再開している場合は全身脱毛が出来るところや、卒乳している人はOKなところがあります。レーザー脱毛、フラッシュによる光は母乳には直接的な影響はないものの、産後は肌が敏感になっていますから、肌トラブルが起こりやすくなるのです。
また産後は体も疲れていて体調不良になりやすいので、クリニックやサロンによっては施術が出来ないこともあるのです。
産後には体を休めて赤ちゃんのことを第一に考えてあげたいですね。

 

・妊娠前がベストタイミング

 

先述したように、妊娠中、授乳中は全身脱毛をするベストタイミングではないので、キレイに脱毛をする為には、妊娠前に済ませておきましょう。
全身脱毛を完璧に終えるにはそれなりの期間が必要です。妊娠中や産後は自己処理も大変になります。つわりでそれどころではなくなったり、赤ちゃんのお世話に自分に構っている暇もなくなると言われています。
すべすべにするのであれば、妊娠前を狙いましょう。

 

このように生理中や妊娠中、産後は全身脱毛が難しくなります。
肌のトラブルはもちろん、体調を崩すことにもなりかねますから、つるつるな全身脱毛を目指したい方は是非、妊娠前の期間でキレイになりましょう。