全身脱毛を行った後のセルフケアはどうしたらよい?

全身脱毛 アフターケア

 

全身脱毛に限らず、脱毛施術を受ける人たちが必ず覚えておかなければならないのが、「お肌をしっかりとケアをする」です。

 

施術を受けると、お肌にはダメージがあります。いくら「お肌に優しい脱毛方法です」などとしていてもこれは避けようがありません。

 

というのは、今、エステサロンで最も一般的に採用されている脱毛方法は「光脱毛」です。「IPL脱毛」「SSC脱毛」「フラッシュ脱毛」などとして、「全く新しい脱毛方法です」としていても、基本は同じです。

 

光のエネルギーを毛根や毛母細胞に受け止めさせて発熱させ、その熱で焼いてしまう方法です。

 

早い話が、「お肌の中で小さなヤケドを起こさせている」という状態です。

 

光照射と同時に皮膚の上から冷気を当てるなどの工夫はあります。ですが、それも完全ではありません。

 

エステサロンの方で、光照射直後に丁寧なお肌ケアをしてくれるところもあるでしょう。

 

ほてりが覚めるまで時間をおき、さらには化粧水などで水分を送り込んでくれます。

 

ですが、特に料金の安さを売り物にしているようなところであれば、冷やしたお絞りをお肌の上に当てて終わりです。あとはお肌クリームでも出してくれる程度です。

 

このどちらであっても、自分でもしっかりとケアをするようにしましょう。

 

施術当日は、家に帰るやいなや、すぐにでもおふろに入りたいところでしょう。光照射の時に保護用のクリームを塗ったり、普段とは違うお肌のいじり方をしたので、無理のないところです。

 

ですが、そこはガマンして、せいぜい温めのシャワーで済ませましょう。お肌をゴシゴシ洗うのも厳禁です。

 

化粧水などはたっぷり目に施しましょう。

 

また、普段から紫外線は避けるようにしましょう。

 

これにはいくつも理由があります。

 

まず、施術で弱りめのお肌へダメージを与えないことがひとつ。いつもよりもシミやくすみなどができやすくなっています。

 

もうひとつは、施術の効果をしっかりと出すためです。

 

もし、紫外線を浴び、日焼けをしているようだと、表皮が日よけ役になってしまいます。皮膚の上から当てた光が、お肌の奥の毛根・毛母細胞まで届きません。

 

毛根などが熱くならないばかりか、皮膚の表面が熱くなり、ヤケドをしてしまう可能性まであります。

 

あまりに日焼けがひどいと、せっかく予約をとってお店に足を運んでも、お店の側で施術を断るでしょう。

 

また、下着類もお肌に優しいものにしましょう。特に施術当日に、堅めの素材でできた布が肌にこすれるようでは、帰り道でさらにダメージを大きくしてしまいます。

 

 

⇒肌に優しい横浜で全身脱毛できる専門サロン、クリニック