MENU

エステサロンで全身脱毛のオススメ脱毛法について

 

脱毛方法には、「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」の3種類あります。

 

このうち、多くのエステサロンが採用しているのが「光脱毛」、一部で「ニードル脱毛」です。

 

「レーザー脱毛」は医療機関(美容皮膚科、美容クリニック)のみです。

 

@ニードル脱毛

 

「電気針脱毛」などの別名があります。かつてはこの方法しかありませんでした。

 

「ニードル(針)」を毛穴ひとつずつに当てていきます。

 

ニードルは毛穴の大きさに合わせてあり、極細です。先端が熱を発生するようになっています。その熱で、毛母細胞・毛根を焼き、発毛機能をなくします。

 

脱毛効果が確実で、いったん施術が終わると、そこからは二度とムダ毛が生えてこない「永久脱毛」です。

 

ただし、「担当するエステティシャンには特別な技能が必要」「時間も手間もかかる」といった理由で、料金もかなり高いです。

 

また、何よりも痛みが強いです。「我慢できなくなって、途中で通うのをやめた」といった話もよくあります。

 

Aレーザー脱毛

 

「拡散しない」「特定の波長だけを発生させることができる」というレーザー光を皮膚に当て、そのエネルギーで毛母細胞・毛根を焼きます。

 

この装置は医療用に開発されたものです。そのため、今でもエステサロンでは使用できません。

 

脱毛効果は強力で、「永久脱毛」が可能です。

 

ただし、「医療機関(美容皮膚科、美容クリニック)に行く必要がある」「人によっては我慢できないぐらいの痛みになる」「料金が高め」です。

 

有力な選択肢です。ですが、これらのデメリットがあって、次に挙げる「光脱毛」ほどにはおなじみのものではありません。

 

B光脱毛

 

IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛、そのほか様々な別名があります。

 

それらの別名とともに、「これまでにない独自の方法です」と宣伝されていることがありますが、基本は変わりありません。

 

光のエネルギーで毛母細胞・毛根を焼くのは「レーザー脱毛」と同じです。

 

光源は、カメラのストロボにも使われる「キセノンランプ」が一般的です。太陽光に近い光が発生します。この光をフィルターを通すことで、お肌にダメージが少ない波長だけを皮膚に当てます。

 

メリットとしては、「お肌へのダメージが少ない」「痛みが少ない」「料金が安い」などです。

 

デメリットは「永久脱毛ではない」です。10年後20年後にはムダ毛が再生する可能性があります。ただし、実用上はほとんど問題ないレベルです。

 

部分脱毛であっても、多くの人は、「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」より「光脱毛」を選びます。全身脱毛であるのならば、いっそうエステサロンでの光脱毛を基本に考えましょう。

 

というのは、「料金が高い」「痛みが強い」というほかの2つ脱毛方法が持つデメリットは、脱毛範囲が広くなるほど無視できなくなるからです。

 

 

全身脱毛エステサロンの正しい選び方

 

エステサロンを選ぶときに、チェックポイントになるのは……

 

@全身脱毛の範囲
A脱毛効果
B料金
Cお店の雰囲気
D通いやすさ

 

……などです。

 

「全身脱毛」といっても、お店ごとにどこまで含めるかが違います。なので@もチェックポイントになります。

 

・顔やVIOラインまで含んでいる
・VIOラインは含むが、顔は含まない
・Vラインは含むが、Iライン、Oライン、顔は含まない

 

……などが考えられます。

 

含まない部分はほかのコース設定になっていて、別料金がかかる場合もあれば、部位別や別のセットのコースでも扱っていない場合もあります。

 

Aの「脱毛効果」に関しては、どこのエステサロンも、「当店は最新式の脱毛機器を採用しています。お肌に優しくて、脱毛効果も抜群です」と宣伝しています。

 

ですが、中には「ムラ打ちができた」「施術の回数を重ねても、なかなか効果が出ない」といったこともあります。

 

「ムラ打ち」というのは、光照射のやり方がまずく、同じ脱毛範囲の中で、ムダ毛がなくなる部分と残る部分ができてしまうことをいいます。

 

極端な場合、効果が出ないどころか、「お肌を刺激したせいで、むしろムダ毛が濃くなった」という例まであります。

 

また、「ムダ毛が薄いと、効果もすぐに出て、回数も少なく終わる」と思いがちです。ですが、むしろ逆です。毛根や毛母細胞も大きくなく、光照射のエネルギーを受け止められません。

 

ムダ毛が濃い場合よりも、難しくなることのほうが多いようです。

 

薄いムダ毛や産毛にも効果があるかどうかは、機器次第の面もあります。

 

もし、自分がそうならば、同じ光脱毛であっても、「どんな機器を採用しているか」まで気にしたほうがいいでしょう。

 

Bの「料金」は、様々な料金システムが誕生して、比較が難しくなりました。

 

少し前であれば、「全身脱毛、施術20回、有効期限2年」といったコース制ばかりでした。

 

ですが今は、「月に2回ずつの施術が確保されていて、支払いは1か月ごと」といった「月払い制」も珍しくなくなりました。

 

また、コース制の場合も、「しっかり効果が出るまで何回でも。当初設定の回数を超えても、追加料金不要」といったところも出てきています。

 

なかなか難しいことですが、途中で予算オーバーにならないように、「最後まで通った場合、トータルでいくらかかるのか」といったシミュレーションをしなければなりません。

 

Cの「お店の雰囲気」は考え方次第でしょう。

 

最近多いのは、お店の内装などにはお金をかけず、その分、料金を下げるところです。

 

一方で、昔ながらに、ぜいたくな雰囲気を出し、スタッフの応接の教育にも力を入れているところもあります。そういったところは、もちろん料金も高くなります。

 

また、低料金のところにありがちなのが、施術後のケアが簡単になっていることです。

 

時間をかけて、光照射の熱を冷まし、化粧水などで保湿ケアをし、それからお店から出るのが理想です。

 

これを、冷蔵庫で冷やしたお絞りを当てる程度で済ませてしまいます。

 

家に帰ってすぐに自分で保湿ケアをするなどでカバーできないわけではありません。

 

やはり「低料金を取るか、ぜいたくな雰囲気&行き届いたサービスを取るか」の選択肢になるでしょう。

 

ただし、どちらであっても脱毛効果自体とはそれほど関係はありません。

 

案外見落とす人が多いのが、Dの「通いやすさ」です。

 

採用している光脱毛の機器にもよりますが、全身脱毛ともなると、「毎月1回通って、期間は2年か3年」「脱毛部位をうまく組み合わせ、光照射の部位を変えながら、毎月2回。それでも最短で1年間」といったことになります。

 

「家から近い」「場所は通勤途中にある。営業時間も遅くまでやっている。なので、会社帰りに行くことができる」といったようになっていないと、なかなか面倒なことになります。

 

また、「予約の取りやすさ」もチェックしましょう。これは、ネット上に「口コミ」の形でよく情報が挙がっています。

 

中には、「人気店だと思って選んだ。そうしたら、限度なしにお客の契約を取るようで、いつ電話を入れても予約が満員」といった悪評が立っているようなエステサロンもあります。

 

これでは自分の方の責任ではないのに、施術をスムーズにこなしていくことができなくなります。